2013年8月31日土曜日

hyper-v + linuxのキーボード設定

「システム」→「設定」→「キーボード」

「レイアウト」タブ
デフォルトでは以下になっていた
 「キーボードの形式」「Generic 105-key(Intel)PC」
 「レイアウト」「U.S.English」
 画面から操作するとなぜかクラッシュする

vi /etc/X11/xorg.conf

「Section "InputDevice"」の以下をそれぞれjp106, jpにする
 >Option      "XkbModel" "jp106"
 >Option      "XkbLayout" "jp"
 PC再起動

 キーボード設定が異なるとのメッセージが出るので「Xの設定を使う」ボタンをクリックする