2013年11月15日金曜日

hyper-vで仮想マシンに接続できなくなった場合の対処

サーバーマネージャーから、hyper-vで、仮想マシンのアイコンダブルクリックしてもら
仮想マシンに接続できなくなった場合の対処方法

○状況:下記のメッセージが出て接続できない

>仮想マシン接続
>視覚情報がリモートコンピュータに送信されない可能性があるため接続は確立されません。
>詳細については、システム管理者に問い合わせてください。
>接続を再試行しますか。
>「接続」「終了」

「接続」をクリックしても接続できない。

○対処
サーバーマネージャーから、左ペインの「hyper-vマネージャー」の接続したサーバーのアイコンを選択して
右ペインの「Hyper-Vの設定」をクリック

「Hyper-Vの設定」ウィンドウ
左ペイン「ユーザー資格情報」を選択

右ペイン「規定の視覚情報を自動的に使用する(プロンプトを表示しない)」にチェックを入れる。


すでにチェックが入っている場合は、一度チェックをはずして「OK」してから
もう一度ウィンドウを開いてチェックを入れて「OK」をクリックして入れなおす。



(未解決)
やったら直ったというだけで「資格情報」の機能を確認する必要がある。hyper-vで仮想マシンに接続できなくなった場合


サーバーマネージャーから、hyper-vで、仮想マシンのアイコンダブルクリックしてもら
仮想マシンに接続できなくなった場合の対処方法

○状況:下記のメッセージが出て接続できない

>仮想マシン接続
>視覚情報がリモートコンピュータに送信されない可能性があるため接続は確立されません。
>詳細については、システム管理者に問い合わせてください。
>接続を再試行しますか。
>「接続」「終了」

「接続」をクリックしても接続できない。

○対処
サーバーマネージャーから、左ペインの「hyper-vマネージャー」の接続したサーバーのアイコンを選択して
右ペインの「Hyper-Vの設定」をクリック

「Hyper-Vの設定」ウィンドウ
左ペイン「ユーザー資格情報」を選択

右ペイン「規定の視覚情報を自動的に使用する(プロンプトを表示しない)」にチェックを入れる。


すでにチェックが入っている場合は、一度チェックをはずして「OK」してから
もう一度ウィンドウを開いてチェックを入れて「OK」をクリックして入れなおす。



(未解決)
やったら直ったというだけで「資格情報」の機能を確認する必要がある。