2013年12月30日月曜日

android.support.v7.widget.GridLayoutの使い方。

「GridLayout」は対応していない機種があるので「android.support.v7.widget.GridLayout」の使い方です。

○sdkの中のsupportライブラリをeclipseのプロジェクトに取り込む
・file->import
・「Exsiting Android Code Into Workspace」
・「Root Directory」にandroid-sdksの「extras\android\support\v7\gridlayout」パス入力
 どちらでもいいが「Copy projects into workspace」にチェックを入れる。

○ライブラリの
開発するプロジェクトでの作業
・プロジェクトのプロパティ表示
・左ペイン「Android」
 右ペイン「Library」の「Add」
 「android-support-v7-gridlayout」入力


○グラフィカルレイアウトでの使用
paletteのlayoutsの中のGridLayoutを使えば、互換用のライブラリの方のGridLayoutを使ってくれるようになる。

記述するなら下記
    <android.support.v7.widget.GridLayout
  xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
        xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res/jp.blogspot.stella_house_software.v7gridlayout"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        app:columnCount="2"
        app:rowCount="3" >
    </android.support.v7.widget.GridLayout>


○中のアイテム
propetiesのLayout ParametersのRowとColumnで場所を指定する。
記述するなら下記
        
<Button
            android:id="@+id/button1"
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            app:layout_column="0"
            app:layout_row="0"
            android:text="Button" />


○注意
・グラフィカルレイアウトでエラーが出る場合はeclipseを起動し直せばよい。
記述間違いなどではないので要注意

・propertyはandroid.support.v7.widget.GridLayoutのプロジェクトのattrs.xmlに記載がある。
GridLayoutがフレームのプロパティ
rowCount,columnCountなどがある

GridLayout_Layoutが中のアイテムのプロパティ
layout_row,layout_columnなどがある。